車買取以外の「下取」と「個人売買」について

トップページ > 車買取以外の「下取」と「個人売買」について

車買取以外の「下取」と「個人売買」について

車買取を依頼する前に、下取と個人売買について知っておきましょう。下取は、新しい車の購入をするときに、現在使用している車を買い取ってもらうことです。買い取ってもらった金額は、新しく購入する車の代金から差し引いてもらえます。車を割引価格で購入できるようなもので、現在の車の処分にわざわざお金をかける必要がなくなるので一石二鳥でもあります。

 

ただ、下取と買取を比べてみると、ほとんどの場合は買取のほうが有利なことが多いのです。というのも、買取なら複数業者からの査定が可能だからです。ディーラーが高い金額で下取をしてくれたと思っても、その帳尻はどこかで合わされています。

 

良い例が、日産のディーラーに下取を依頼するのと、日産ディーラーの車買取のカウゾーに買取を依頼した場合の違いです。同じ日産系列に依頼しているのに、車買取のカウゾーのほうが高額提示をしてもらえるといいます。

 

他にも、車の売買方法には、個人売買があります。友人同士で車を売り買いしたり、ネットオークションを利用するという方法もあります。思いがけない高値で車を売買できる可能性もありますが、一方でトラブルの可能性も高まります。

 

支払いのトラブルから書類手続きのトラブル、車の不具合など、リスクは数限りなく襲ってきます。慣れている人ならオークションもよいのですが、万人に向いているとは言い切れません。