胸郭出口症候群からくるしびれ

トップページ > 胸郭出口症候群からくるしびれ

胸郭出口症候群からくるしびれ

心臓から腕や手指に続く血管が胸郭から出て鎖骨周辺の筋肉と骨の間を通り抜ける部分に、胸郭出口があります。ここを通る血管は、鎖骨下動脈や鎖骨下静脈です。すぐ側には、「腕神経叢(わんしんけいそう)」という末梢神経の束があります。

 

これらの血管や神経が圧迫されると、胸郭(きょうかく)出口症候群という病気になることがあります。首や肩のこりに加えて、腕にもしびれやだるさがある場合には、胸郭出口症候群の可能性を疑ってみてください。

 

胸郭出口症候群には、圧迫を受ける場所によって種類の違いがあります。

 

・斜角筋(しゃかくきん)症候群…首の付け根近くの前斜角筋と中斜角筋の間に圧迫が生じた状態。
・肋鎖(ろくさ)症候群…鎖骨と第1肋骨の間に圧迫が生じた状態。
・頚肋(けいろく)症候群…頚椎の余分な肋骨が関係して、圧迫が生じた状態。
・小胸筋症候群・過外転症候群…小胸筋(大胸筋の下層部の筋肉)が関係して、圧迫が生じた状態。

 

こうした圧迫の原因は、姿勢や仕事、運動による負荷など、もともとの骨格が関わっているといわれます。医療機関の統計では、痩せ型でなで肩、首の細い若い女性の発症件数が多くなっています。腕を上げて肩が後ろに反った状態のときに強まり、しびれやだるさ、首や肩・肩甲骨周辺でのうずくような痛みが出てきます。

 

初期症状では、手指や腕のしびれ、肩から腕にかけての熱っぽさ、冷えなどとして表れ、だるさや脱力感にも出ます。腕や手指の色が動脈の圧迫で白っぽくなったり、静脈の圧迫で青紫色になることも特有の症状として気を付けておいてください。